banner

資本金を振込する

合同会社設立の資本金を振込する

合同会社設立をしてすぐに売上が生じ、そしてすぐにキャッシュフローが得られるのなら、当初の運転資金は必要ありません。しかし、合同会社設立をしてすぐに入金があるというような業種は珍しいですから、当初の運転資金を準備しておかなければなりません。このために用いる資金が資本金です。

資本金は、合同会社設立をする時点で準備しておかなければなりませんし、それが存在することを証明しなければなりません。なぜなら、それが登記事項になるからです。つまり、それが一般に公開されると言うこと意味します。ある会社と取引をしようと思った場合には、取引の相手会社は登記簿を見て資本金を確認し、それで信頼できるのかどうかを判断します。ですから、単なる金額でしかありませんが、非常に重要な数字なのです。

登記をするときには、資本金がきちんとあることを法務局に対して証明することが必要となります。この場合に用いられるのが振込です。お金があるということを示すのではなくて、合同会社設立のために振り込まれたことを証明しなければならないという点に注意しておきましょう。

資本金を集めると言っても、設立前にはごうどうがいしゃの通帳というものは存在しませんから、出資する人の個人の口座に振込をすることになります。通常は代表社員になるひとの個人口座を用います。そして、出資する人はそれぞれその口座に振り込みを行います。このときには、誰が振り込んだのかが分かるように、個人名が表示されるようにします。

振り込みが完了すれば、その通帳をコピーします。口座の名義人や銀行名、口座番号などが分かるページをまずコピーします。たいていは通帳の表紙を一枚めくったところにあります。そして、振り込まれたことが分かるページをコピーします。これが登記申請の添付書類として必要になりますから、登記申請まで大切に保存しましょう。

かつては銀行などの金融機関に証明書を発行してもらわなければなりませんでした。ですから、それを行ってくれる金融機関を探すのが大変だったのですが、現在ではこのようにして資本金があることを証明できますから、非常に簡単になったと言えるでしょう。また、かつては郵便貯金は銀行として扱われなかったために資本金を照明するためには用いることができませんでしたが、現在は組織を改編してゆうちょ銀行となっていますから、合同会社設立をするときの資本金の払い込みに用いることができるようになっています。

Copyright(c) 2017 合同会社設立をしていくときに考えたい営業形態とその準備方法 All Rights Reserved.