banner

法務省などへの申請

合同会社設立と法務省などへの申請について


合同会社設立と法務省などへの申請について、法人の設立をする際にはいろいろやるべきことがありますが、定款の作成とその定款を基に法務局への法人登記を行う必要があるほか、税務署、年金事務所などへの申請も必要になります。

税務署には所得税、消費税などの申告が必要ですし、都道府県税事務所には都道府県税関係たとえば法人住民税などの申告が必要になります。市役所などにも税金関係の届け出が必要です。

また、年金事務所には厚生年金への加入手続きや、社会保険への加入手続きなどを行う必要があります。この申請ができる期間が非常に短いので、あらかじめ情報収集を行うなどして手続きが遅延しないようにしておく必要があります。こうした手続きでは、あらかじめ法人設立時点から代理人として社会保険労務士などに正式に委任しておくのも一つの方法です。

合同会社設立では、やるべきことが多くあります。特に役所関係への手続きが多くあり、期間が決められているものも少なくありません。先述のように極端に短いものもありますので、事前の情報収集と準備に怠りないようにしっかりとしておくことが重要となります。

合同会社設立では、社会保険労務士や行政書士などとうまく連携していくことも大切です。個人でできることには限界があります。専門家の力をうまく利用して、彼らに任せるべき事と自分でするべき事とをしっかりと分けてその上で行動していくことが重要となります。

専門家の力を借りたほうが諸事楽ですし、また合同会社設立後の法人運営や法人開設後の営業などをどうしていくのかなど、法人でしか解決ができないことをまずはしっかりとやっていくことが重要となります。その他雑多な処理をすることにもある程度は意識を向けざるを得ないために、合同会社設立以後の法人運営を軌道に乗せるための活動や営業活動など、法人としてやるべきことを考えていくことが求められます。

法人登記については、法務省の出先事務所である法務局で申請を行うことになりますが、代行申請などは司法書士の管轄になるものがあります。このため、司法書士に依頼する必要がありますので、その依頼料なども含めて相応の費用の準備はしておく必要があります。

このように合同会社設立による手続きには、様々なことを同時進行的にまた迅速にする必要があるため、やるべきことなどの把握をその都度しっかりとしていくことと、専門家への委任も考えていくことが大切になります。

Copyright(c) 2017 合同会社設立をしていくときに考えたい営業形態とその準備方法 All Rights Reserved.