banner

必要な印鑑

合同会社設立をするために必要な印鑑

合同会社設立をするためにはいくつかの印鑑が必要となります。まず、出資者の実印が必要となります。実印とは伊藤録されたものを指します。はんこを売っているショップで実印を買えば良いと言うのではありません。実印用として売られているものを購入し、そして役所で登録をする事が必要です。市区町村の役所に行けば登録を行うことができます。

いろいろな取引を行うときには実印が必要になるケースが多いですから、すでに登録している人もいるでしょう。すでに登録を知れば問題はありませんが、登録には時間がかかることもありますから、登録していないのなら早めに役所で手続きをしましょう。一人だけで会社設立をするのなら自分の実印だけでよいのですが、出資者が複数いる場合には、それぞれの出資者に作成してもらっておかなければなりません。合同会社設立が決まった時点で作成してもらうように依頼しておきましょう。

次に、会社としての印鑑が必要となります。合同会社設立をするために最低限必要なものが会社の実印です。会社の実印は、法人印と呼ばれたり代表者印と呼ばれたりすることもありますが、どれも同じ意味です。会社として契約をするときには、その実印が必要となるのは当然のことです。ただ、会社として契約をする場合であっても、誰かが署名捺印をしなければならないわけですが、その人のことを代表者と呼びます。ですから、会社の実印と代表者印は同じものなのです。

合同会社設立をするだけなら、とりあえずはこれだけあれば問題はありません。しかし、合同会社設立をした後に会社運営をして行こうと思った場合には他にもいくつか必要となります。その一つが銀行印です。銀行などの金融機関に口座開設をしないと実務的に経営を行っていくことは難しいでしょう。ですから、銀行印も同時に作っておくのがよいです。

一般的に会社に必要なセットというと、会社の実印、銀行印、角印です。角印とは、領収書や請求書に押すものですから、これも作っておくべきです。そのほかのも必要になりそうなものがあればまとめて作っておくのがよいです。

特に会社の実印にはサイズに制限がありますから注意が必要です。決められたサイズで作成しなければなりません。このサイズについては、はんこを販売しているショップなら把握しています。合同会社設立をすると言えば、それにあったセットを紹介してくれるでしょうから、まとめて作っておいたほうが良いです。

Copyright(c) 2017 合同会社設立をしていくときに考えたい営業形態とその準備方法 All Rights Reserved.