banner

合同会社設立を解説

起業を考えている人必見の合同会社設立解説本

長年の起業の夢をかなえたい、とりあえず会社を設立したい、そう考えている方には、合同会社設立・運営が簡単に分かる解説本をおすすめします。そもそも合同会社とは、2006年5月1日施行の会社法により新規に設けられた国内における会社形態であり、出資者全員が、間接有限責任社員によって構成される会社形態です。

小さい会社を作りたい場合に最適な会社形態であり、デメリットが少なくて運営が簡単であるといった特徴があり、近年続々と増えている形態です。

合同会社は、プチ起業を考えている方にも適しており、副業や節税対策にも使われているほか資産管理にも有効な方法とされています。つくるのが簡単なだけでなく、万一撤退したい場合にも手続きが簡単で、作りやすく辞めやすいのが人気の秘密です。

また、設立に費用がかからないので多くの方がチャレンジできるといった特性があり、運営・維持にもコストがかかりません。

組織自体がシンプルに構成されているので、経理事務も分かりやすくて手早く作業を進められます。そして合同会社は、子会社にも、合弁事業にも利用できるなど、さまざまなメリットを持つ会社形態なのです。

そんな、合同会社設立・運営について丁寧に書かれているのが「合同会社の設立・運営ができる本」です。

この本には、それぞれの事業内容によって、株式会社にするほうが有利なのか、合同会社のほうがいいのかといった見極め方が書かれています。

まずはこの章で、これから自分が作りたい会社形態の目標を定めることができたら、続いては株式会社に比べてどのように運営が楽なのか、についても詳しく解説されているので、そちらを読み進めます。

いよいよ合同会社設立が本格的になってきたら、設立手続きについても学びます。手続きに欠かせないポイントがひとつずつ説明されているので、どうして必要な手続きなのかということを納得しながら作業を進めていくことができます。また、合同会社設立後に必要な届出についても分かるので、設立後も長く役立つ1冊です。それぞれの作業の進め方については、記載例が豊富に明記されているので、合同会社設立の基礎知識が十分に身に付きます。

合同会社だけでなく、その他の会社の種類を学んだり、NPO法人、一般社団法人、一般財団法人など各種法人の特徴についての情報も豊富です。各章ごとに分かりやすくタイトルがつけられており、イラストや実例を交えて解説されたこの本で、夢の合同会社設立を目指したいものです。

Copyright(c) 2017 合同会社設立をしていくときに考えたい営業形態とその準備方法 All Rights Reserved.